TOP / ご利用案内 / お問い合わせ / サイトマップ / マイページログイン

CASIO G-SHOCK カシオ 電波ソーラー 腕時計 メンズ Gショック 神戸市消防局 2018年12月新作 GW-B5600FB-4JR 28,0

価格: ¥30,240 (税込)
数量:
在庫: × 入荷連絡を希望

返品についての詳細はこちら

twitter


【G-SHOCK:GW-B5600FB-4JR】
~神戸市消防局 救助隊50周年 コラボレーションモデル 第一弾~

過酷で「タフ」な環境下で活躍する男達を手元からサポートするG-SHOCKと2018年に発足50周年を迎えた神戸市消防局救助隊とのコラボレーションモデルが登場。

ベースモデルには、いつ、いかなる状況においても、正確な時刻・情報を必要とする消防隊員の活動を支える機能を搭載しながらも、コンパクトなスクエアケースのGW-B5600を採用。今回は裏蓋や遊環、美錠にもチタンを採用することで、軽量化も図っています。
機能面では正確な時刻精度を追求し、Bluetooth通信機能と、世界6局の標準電波に対応するマルチバンド6を搭載。また専用アプリケーションG-SHOCK Connectedと時計のボタン操作の連携で、その時点の時間と場所をアプリの地図上にスタンプ。タイトル編集しログデータとして管理することができ、消防、救助活動の行動記録にも役立ちます。
また、カシオ独自の省電力技術によるタフソーラーで、安定的な駆動を可能にし、高輝度なフルオートLEDバックライトやワールドタイムなどの実用性も備えます。
デザイン面は神戸市消防局の全面協力により、こだわりのカラーリングに仕上げました。当局の専任救助隊・特別高度救助隊が着用する防火服をモチーフにし、ベースカラーにはオレンジを、文字板の色埋め部分やバンドのデザイン部分にはネイビーを、バンド裏面にはビビッドなイエローを採用しました。バンドには救助隊必携のロープ、バックライト部には、もやい結びとカラビナを象徴したデザインを施し、神戸市消防局の消防章を裏蓋に刻印。また、パッケージは、外箱に消防車のカラーをイメージしたレッドを採用、内箱はヘルメットをイメージしたホワイトに「鋭い目で要救助者を見つけ出し、一度つかんだら決して離さない」という救助隊の姿勢を表現したイーグルロゴをあしらいました。細部に至るまで隊員たちの熱い思いと矜持を表現しています。
常に「タフ」であることを求められ、過酷な環境に立ち向かい続けるG-SHOCKと消防隊員のスピリットが共鳴して誕生したコラボレーションモデルです。

【神戸市消防局救助隊】
2018年、神戸市消防局の救助隊(レスキュー隊)は発足から50年目を迎えた。1968年に“消防専任救助隊”の名称で発足して以来、火災現場での人命救助に加えて、水難救助や山岳救助にも出動し、神戸の街・山・海を半世紀にわたり守ってきた。
1995年には阪神・淡路大震災が神戸を直撃。以降はその経験と想いを胸に、東日本大震災や熊本地震など国内の大規模災害にも派遣され人命救助活動にあたっている。

[仕様・機能]
・無機ガラス
・耐衝撃構造(ショックレジスト)
・20気圧防水
・ケース・ベゼル材質: 樹脂
・樹脂バンド
・タフソーラー(ソーラー充電システム)
・電波受信機能:自動受信(最大6回/日)
・モバイルリンク機能(対応携帯電話とのBluetooth通信による機能連動)
・ワールドタイム5本:世界39都市
・ストップウオッチ(
・タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測)
・時刻アラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
・バッテリー充電警告機能
・パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消し節電します)
・フルオートカレンダー
・12/24時間制表示切替
・操作音ON/OFF切替機能
・日付表示(月/日表示入替)
・曜日表示(英・西・仏・独・伊・露の6ヵ国語切替)
・LEDバックライト(フルオートライト、スーパーイルミネーター、フェードイン・フェードアウト、残照機能、残照時間切替(2秒/4秒)付き)
・フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
・機能使用の場合:約10ヵ月
・パワーセービング状態の場合:約22ヵ月
・LED:ホワイト

[サイズ・質量]
・ケースサイズ (H×W×D): 48.9×42.8×13.4mm
・質量: 51g

   







他にもこのような商品があります

ページトップへ