店長が語るペアウォッチへの想い

 

店長が語るペアウォッチへの想い

Bless you 店長 松岡弘
 老舗時計店で父から学んだ「お客様に尽くす」という精神
当店は、冬には2メートルの雪が積もる、
新潟県長岡市にある創業62年の時計店です。
父が創業した当時は、柱時計を卸していました。
大正産まれの父は、宮大工だった祖父と同じく職人肌。
店を継いだ私にも、商売のことをあれこれ言うことはありません。
商売のことは、文字通り父の背中を見て学びました。

ただひとつ、父からたたきこまれたことがあるとしたら、
「お客さまには尽くせ」ということですね。

「お客さまの要望には100%応える」
大学卒業後、
宝飾メーカーに就職して、
5年ほど百貨店で勤務しました。
外商では、ふつうでは出会えないような層のお客さまに、
息子のようにかわいがってもらいました。

このときに学んだのも、
「お客さまの要望には100%応える」ということ。

エクシードペア商品画像

店長イチオシ!

質感もよく、バンド調整の際触っていても仕上がりの高さを感じます。 落ち着きと品格をもつこのペアは愛着をもって長くお使いいただける時計です。ご希望に応じて金属バンドの長さを無料調整

「うちの店だから」「松岡だから」買ってくださるのだという感謝の気持ちは、 いまも忘れないようにしています。


セイコーやシチズンは、世界のトップブランドです。 バーゼルフェアで実感した日本ブランドの輝き
時計は、本来は太陽の動きを計測して時間を伝える精密機械です。
いまでは時刻を知るために腕時計をしている人は、
むしろ少なくなっていますよね。
街に出ればそこら中に時計があるし、
時刻なら携帯でも確認することができます。
ヨーロッパでは、腕時計でその人の階級や所得がわかると
言われていますが、日本でも、とくに男性にとっては、
腕時計はステイタスを表すアイテムになっているのでは
ないでしょうか。

ただ、日本人の海外ブランド志向は、少々もったいないですね。
セイコーやシチズンは、世界のトップブランドです。
当店でも、日本ブランドの時計は海外からの引き合いが多いです。

スイスのバーゼルで毎年開催される時計の見本市に行くと、
世界の一流ブランドばかりが集まる第一会場に、
セイコーやシチズンのブースがあるんです。

ロレックス、ハリー・ウィンストンといった、
そうそうたるブランドと肩を並べている。


日本ブランドのよさは、正確なこと。日本ブランドのよさは、正確なこと。
これは日本の工業製品の多くにあてはまることですが、たとえ海外の工場で組み立てられていても、日本の厳しい規格で作られたものは品質が違います。
そして、コストパフォーマンスが高いことです。
私としては、30万円の海外ブランドの時計を1本持つよりも、5~6万円の日本製の時計をいくつか揃えて、ファッションやシーンに応じて使い分けるほうをおすすめしたいですね。


お客さまの思いがじかに届くのが、ネットショップのよさでもあります。
お客様とじかにつながるのがネットショップの魅力
Bless Youは、楽天市場がスタートした1997年当初から出店しています。 小売りを経験した私は、どうしても自分の店で商品を販売したかった。実店舗を出すかネット販売を始めるか迷っていたときに、新聞で楽天市場が誕生するというニュースを知ったのがきっかけになりました。



名入れのメッセージを見ているだけで、お客さまの物語が伝わってきます。 直接お客さまの手をとって販売していた頃とくらべると、たしかに購入してくださる方との距離は遠くなったかもしれません。

一方で、楽天の三木谷社長が「ネットは究極の対面販売だ」と言われるように、お客さまの思いがじかに届くのが、ネットショップのよさでもあります。
お客さまからの注文は、私にとってはたんなるデジタルデータではなくて、要望です。実際に名入れのメッセージを見ているだけで、お客さまの物語が伝わってきます。世界でたったひとつの贈り物


アウォッチを購入するお客さまの背景には、たいせつな記念日やお祝いイベントがあります。
ペアウォッチのシェアナンバー1その理由は?
腕時計、とくにペアウォッチを購入するお客さまの背景には、たいせつな記念日やお祝いイベントがあります。
恋人への誕生日プレゼントだったり、結婚10周年の記念にだんなさまが奥さまに内緒で注文したり、お子さんからご両親への金婚式のお祝いだったり。

ペアウォッチ用のプレゼントボックスも
メーカーにはなかったので、共同開発を持ちかけて、
ブランドのロゴが入った当店オリジナルのものを
作成しました。
モノとしての時計を販売するのではなく、お客さまの記念日をいっしょにお祝いしたい、イベントを全力でサポートしたい。Bless Youをペアウォッチに特化したショップにしたのも、そういう思いがあるからです。

それまでペアウォッチというと、テレビショッピングで見るような、年配の方向けの地味なデザインばかりでした。 そもそも売れ筋のラインの多くは、ペアで作られていません。
そこで当店では、異なるデザイン同士を組み合わせて、ペアウォッチとして販売することにしたんです。

たとえば当店でいちばん人気があるのが、G-ShockとBaby-Gのペアなのですが、もともとペアとして作られたものではありません。
同じブランドと、白という色を合わせるだけでじゅうぶんペア感がありますし、まったく同じデザインではないので、さりげなく着けられます。

カシオ Gショック ペアウォッチ 腕時計 ペア G-SHOCK & Baby-G [ホワイト]

当店1番人気!

お求めやすいお値段でありながら、そのデザイン性と機能性でお客様の根強い人気を得ています。ご希望に応じて金属バンドの長さを無料調整

ペアウォッチ用のプレゼントボックスも
メーカーにはなかったので、共同開発を持ちかけて、
ブランドのロゴが入った当店オリジナルのものを
作成しました。

こちらも好評です。

おかげでペアウォッチに関しては、
楽天市場でのシェアナンバー1の実績があります。


ペアウォッチの背景にある、お客さまのお祝いごとを応援したい お客様のお祝いセレモニーをプロデュース!
ペアウォッチの背景にある、お客さまのお祝いごとを応援したい。そう思えば、少々無理をしてでも納期には間に合わせたいし、ラッピングもおろそかにはしたくはありません。


ラッピングもおろそかにはしたくはありません 名入れのクオリティにもこだわります。
当店の名入れは、時計1点につき7,000円とけっして安くはないのですが、お客さまからはたいへん好評です。

将来的には、時計以外のギフトや、ペアウォッチといっしょに贈れる花やケーキなどのオプションも展開していきたいと考えています。
ペアウォッチを贈るシチュエーションだけでなく、お祝いセレモニーそのものをプロデュースできたら楽しいですね。 ペアウォッチはもちろん、「ギフトを探すならBless Youで」と思ってもらえるようなショップへと成長させるのが、いまの私の目標です。


ページトップへ